2014年11月22日

20141122_京都秋の特別公開

11月21日に京都秋の特別公開へ行って来ました。
偶には芸術にでも触れてみようかという気まぐれです。
(ドールブログなのに趣旨が若干異なりますがご容赦ください。)

行ってきたのは横山大観と並ぶ近代画家の巨匠「竹内栖鳳」のアトリエ「霞中庵」
期間限定とはいえ一般公開されるのは初めてだそうです。

外観、所有企業のものらしきプレートが出ていました。
IMG_8792.JPG

管理棟、竹内栖鳳記念館はブラインドが下ろされ内部を窺い知る事は出来ませんでした。
IMG_8797.JPG

霞中庵庭園入り口
IMG_8796.JPG

アトリエ、栖鳳が庭ばかり見て筆を休めてしまうので、パトロンが戸を閉めて「缶詰」にすることもあったとか
IMG_8804.JPG

渡月橋をモチーフにした橋
IMG_8809.JPG
本物はこちらです
2965161_2121165228_138large.jpg

紅葉が見事でした。
IMG_8805.JPG

IMG_8814.JPG

IMG_8820.JPG

IMG_8862.JPG

パンフやチケット
2965161_2121404611_254large.jpg

なお、霞中庵は所有企業の特別顧客会員のみに限定公開され一般人は入れないとのことです。
(ガイドの説明より)
IMG_8884.JPG

「所で「天使の里」ってどういう意味だったんでしょう?」
「どこにも説明無かったしなぁ。本当になんだったんだろうね」
SwhKr.jpg
posted by kiyomido at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記