2013年10月31日

20131031-01

キヨミド、万聖説前夜騒動記を記すの事

と、言うわけで本日は万聖節前夜、ハロウィンです。

trick or treat !!

「普通逆では? ドールが要求してオーナーが答えるのが一般的な様ですが」
「まぁ、こんなこともあろうかと、用意しておきました」
IMG_0428.JPG

おお、では頂きま・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・























み、みずー!!(余りの激辛に台所へ走り去る)

「 私、一言も treat とは申していませんよ? ちなみに用意した物が此方です」
IMG_0402.JPG

教訓:ハロウィンを仕掛ける相手は良く選びましょう
posted by kiyomido at 23:59| Comment(0) | 日記

2013年10月26日

20131026-01

キヨミド撮影会に参加するの事

知人が開催したドール撮影会に参加してきました。
img_0375.jpg

一時は台風の直撃も想定されましたが、どうにか回復しました。
img_0436.jpg

img_0432.jpg

「田舎住まいですので、偶にビルの谷間に来ると新鮮ですね。」
img_0379.jpg

参加ドール全員で集合写真
img_0480.jpg

お疲れ様でした。
img_0495.jpg
posted by kiyomido at 23:59| Comment(0) | 日記

2013年10月06日

20131005-01

キヨミド「海賊船ブラックシャーク号」に乗船するのこと

10月05日、Volks主催の「オーナーズ感謝祭 仮面舞踏会2013」神戸港ナイトクルーズに参加してきました。

招待状と人間用仮面
良く思い出してみると、ティナが我が家に到着する前に申し込んでいた訳で、我ながら無謀もいいところであったなぁとしみじみ。
2965161_1997006957_200large.jpg

ナイトクルーズまで時間が有ったので天使のすみか神戸店にて撮影。混雑を予想してか15分での交代制でした。

ゴシック風ディスプレイ
20131005_01.jpg

ハロウィン風ディスプレイ
20131005_02.jpg

「それにしても、どうして各店にあるこのプレートは安定が悪いのでしょう。」
20131005_03.jpg

観光遊覧船「コンチェルト号」・・・・・・じゃなかった「海賊船ブラックシャーク号」なお、海上保安庁に拿捕される恐れがあるためか海賊旗は掲げていませんでした(笑)
20131005_04.jpg

搭乗後早速艦内ネットワークのハッキングに取り掛かるティナ
20131005_05.jpg

「ふぅ、とりあえず要所は押さえました」
因みに額に着けているのはドール用仮面。SDサイズだったのでこのようなアレンジに
20131005_06.jpg

「コアブロックは中々手ごわかったですわ」
20131005_07.jpg

「念のため武装してきました。仮面武道会と聞いていましたので」
20131005_08.jpg

「全艦の保安系・通信系の掌握完了しました」(ネタです、念のため)
20131005_09.jpg

招待客の中にはネコミミ一族も
20131005_10.jpg

折角の白い背景があったのでパチリ。背景がいろんな光拾って意外と難しい。
20131005_11.jpg

艦内を周遊していた海賊氏、記念撮影長蛇の列が出来ていました。
20131005_12.jpg

ツアーが終わるとこんな暗さに
20131005_13.jpg

戦利品。
20131005_14.jpg

男女比は1:9程度、男性は仮装者を除くとダークスーツかそれに準じた格好でした。
持ち込まれていたドールは殆どがSD、MSDも散見されましたがティナのようなネコミミはヘアアクセサリを覗けば皆無でした(少なくとも神戸のナイトクルーズでは)デイクルーズや横浜クルーズではまた事情が異なるのかもしれません。言うまでもありませんがネコミミメイドなどと言うのは(以下略)

出航までの暫くの間、船の最後尾付近に居たのですがアイドリング中のディーゼルエンジン?の振動がきつく、後もう少しで船酔いするところでした。出航してからは変な振動もなかったのですが、船酔いに弱い人は最後尾避けた方が良いかと思われます。

港から神戸駅まで道間違えたりとアクシデントもありました。
一人ではティナの面倒と撮影とで手一杯になり正直余り食べられたとはいえない状態でした。
旅は道連れ世は情けと申しますが、この手のイベント一人での参加は少々辛いと思いました。
posted by kiyomido at 20:14| Comment(0) | 日記